マッチングアプリ攻略法

マッチング後の初回メッセージ|返信率UPのコツと例文【男性編】

マッチングアプリで気になる女性とマッチングするのは嬉しいですよね。
早速、初回のメッセージを送ってみましょう!

でも・・・

「最初ってどんなメッセージがいいの?」

「1通目のメッセージを送っても返信がないことが多い・・・」

そんなことってありませんか?

そこで今回は、マッチングアプリ初心者向けに、マッチング後の初回メッセージのポイントや、返信をもらいやすくするコツを解説します。参考までに、例文も用意しました。

なお、今回の記事は男性向けの内容となっています。

返信がこないのは、もしかしたら初回メッセージがよくないからかもしれません。

これを最後まで読んで、ライバルに差をつけましょう!

女性とメッセージをやり取りしていく上での心得

具体的な解説に入る前に、まずは心構えというか、女性心理を理解することが大切です。

まずそれについてお話をしますね。

マッチングアプリでの女性心理とは

マッチングアプリにおいて、多くの女性は次のような気持ちを抱いています。

  • 「変な人・危ない人だったら怖い」
  • 「怪しい勧誘とかはイヤ」
  • 「話が合うか不安」
  • 「暗い人、ネガティブな人はイヤ」
  • 「馴れ馴れしい人はイヤ」

これらはマッチングアプリでの出会いに対する不安です。

そこで、その不安を取り除いてあげること、つまり「安心感」が再優先事項となります。

 

それと同時に、

  • 「素敵な人と出会いたい」
  • 「かっこいい人と出会いたい」
  • 「楽しくやり取りしたい」

という期待も抱いています。

マッチングアプリを始めたわけなので、当然、出会いに対する期待があるわけです。つまり、「期待感」です。

 

まとめると、安心感期待感が大前提であり、キーポイントということになります。

このあたりについては別の記事で詳しく解説していますので、よろしければあわせてお読み下さい。
マッチングアプリ攻略の3つの心得【男性編】〜基本的な考え方〜

初回メッセージでは安心感と期待感の演出が鍵!

ほとんどの女性は、たくさんの男性から「いいね」を受け取り、たくさんのマッチングをしています。そして、たくさんの男性から「初回のメッセージ」を受け取ります。

また、その数が多ければ多いほど、全員に返信してくれる確率は下がります。

ですから、その中でいかに返信してもらえるようなメッセージを送ることができるかが重要になってきます。

 

相手の女性に安心感と期待感をもってもらうことが大前提だとお伝えしました。

逆に言うと、初回メッセージで安心感と期待感を演出できなければ、返信をもらえる確率は低くなります

 

安心感を演出するには、

「変な人、危ない人じゃない」
「勧誘とか怪しい人じゃない」

というイメージを持ってもらうように心がけます。

期待感を演出するには、

「この人は感じが良さそう」
「優しそう」
「話が合いそう」

というイメージを持ってもらうように心がけます。

そういった視点で1通目のメッセージを作るようにしましょう。

では次の章から、具体的なアドバイスをしていきます。

初回メッセージで女性に好印象を与えるコツ

最初のメッセージで女性に好印象を与えるために、以下のポイントをおさえ、メッセージ上で安心感と期待感を演出しましょう。

明るく!さわやかに!

ほとんどの方は、明るい人や元気な人に惹かれます。
真面目なのもいいですが、文面だけだと「暗い」「硬い」という印象を与える可能性があります。

これは相手やあなた(男性側)の年齢にもよりますが、基本的には明るくさわやかなメッセージを心がけましょう。

それによって、安心感と期待感の両方を演出できます。

初回メッセージ前には相手のプロフィールに必ず目を通す!

ぶっちゃけて言うと、「いいね」の段階では隅から隅まで相手のプロフィールに目を通す必要はないです。場合によっては写真だけで判断しても問題ありません。

でも初回のメッセージを送る前には必ず相手のプロフィールに目を通しましょう
できれば全ての項目に目を通したいところです。
それによって、相手との共通点や、会話の話題のきっかけが見つかるかもしれません。

相手に期待感を抱いてもらうには、共通点や話題のきっかけが強力な味方となってくれます

ちゃんと返信がほしいのであれば、めんどくさがらずにちゃんとプロフィールに目を通し、攻略の糸口を探ってくださいね。

相手のどこに興味を持ったか具体的に書こう!

プロフィールに目を通した上で、相手のどこに興味を持ったのかは必ず触れたいです。
これだけで相当変わります。

それがないと、相手には

誰にでもいいねしまくってるんじゃないの?

プロフィール読んでないのでは?

と思われてしまいます。

それでは安心感を持ってもらえません。

具体的に興味を持った点を書くことで、相手に真剣度が伝わります。

返信しやすいメッセージを!

前述の通り、女性はたくさんの男性からメッセージを受け取ります。
その一つ一つに返信するのはとても大変なんです。

だから、

なんて返そうかな?・・・メッセージを考えるのめんどくさいな・・・

と思われたら終わりです。

パスされて、次の人にいってしまいます。

だから、最初は特に相手が返しやすいメッセージを心がけること。

「この3連休はいかがお過ごしですか?」など、あまり踏み込みすぎず、当たり障りなく答えやすい質問を入れるのもいいでしょう。

適度に自分のことを書く!

自分のことを少し書いてあいさつするのも印象がいいです。

プロフィールに出していない情報、例えば、本名(通常、本名非公開だと思うので)や職業ですね。

はじめまして!都内でSEをやっている○○です!

というような感じです。

ただし、書き過ぎないように注意しましょう。あまり自分のことばかり書いていると、「自己主張が強い」「自分大好きなのね」と思われる可能性があります。

1通目に返信があれば、2通目以降でも伝えられますから。焦りは厳禁です。

定型文は使わない!

「定型」ということは誰にでも使えて当たり障りがないということ。言い換えると、一人ひとりにはフックがかかりにくいです。

それでは期待感を与えることはできません。

特に、アプリの中で用意されている定型文を使うのは絶対にNG
他にも使っている人がいるので、一瞬でバレます。

オリジナル定型文を用意するのはいいですが、毎回相手に合わせて「興味を持ったポイント」だけでも追記しましょう。

文章は長くしすぎない!

長すぎるメッセージは避けましょう。

「読むのがめんどくさい」「自己主張が強い」というイメージを与えやすいです。
これも安心感の演出とは逆の行為になります。

いろいろ伝えたいことがあっても、初回メッセージは適度な長さにし、あとで少しずつ伝えていきましょう。

といっても、短すぎてそっけないのもいけませんが。

質問責めにしない!

これは1通目に限ったことではありませんが、質問攻めにするのもよくありません。

質問攻めは相手に不安やストレスを与えます。
これも安心感を与えるのとは逆の行為ですね。

メッセージ1通につき質問は1つまで。
多くても最大2つにして下さい。

最初は敬語で!

いきなりタメ口で話しかけてしまうと、「馴れ馴れしい」「偉そう」という印象を与えてしまいます。これでは安心感を与えられませんよね。

年齢は関係ありません。

相手がどんなに年下でも、一番最初は敬語で話しましょう。
最初に敬語で話しかけて、それがマイナスになることはありません。

親しくなってから少しずつタメ口に切り替えていくのがいいです。

「よろしくお願いします」は入れよう!

必須ではありませんが、「よろしくお願いします」という一言はマナーとして入れるといいでしょう。

理由は前項と同じです。

「親しき仲にも礼儀あり」ということわざにもある通り、日本人は礼儀を重んじます。
ましてや、まだ会ったこともないような知らない人であればなおさら、礼儀を重んじなければいけません。

文末に気を遣おう!

文末にも気を遣って下さい

最初から句読点がないのは冷たい印象を与えやすく、不安に感じさせてしまいやすいので、句読点や「!」、絵文字や顔文字を活用しましょう。

「はじめまして」よりも「はじめまして!」の方が明るくて好印象です。

また、絵文字や顔文字を適度に使うことはいいですが、使いすぎには注意しましょう

男性が絵文字や顔文字ををたくさん使うことに対して「気持ち悪い」と感じる女性は多いです。30代以上の男性は特に注意です。

基本的には句読点や「!」を使い、ポイントを絞って絵文字や顔文字を使用するといいです。

好印象を与える初回メッセージの例文

これまでのポイントを踏まえて、2つほどサンプルを用意しました。

ぜひ参考にしてみてください。

【サンプル①】

〇〇(相手の名前)さん、いいねありがとうございます!●●(自分の名前)といいます!
僕も旅行やカメラが趣味で、気が合いそうだなと思いました(^^)
よろしくお願いします!
よく海外へ行かれているようですが、今まででどこが一番よかったですか?

少し落ち着きのある30代男性をイメージして作成しました。

敬語で丁寧な印象を持ってもらい、安心感を与えるような文面になっています。
趣味の共通点が興味を持った点であると伝えつつ、そこから質問に広げて、相手が返答しやすいように工夫しています。

次の相手の回答から、会話が自然に展開されるのが想像できると思います。

 

【サンプル②】

〇〇(相手の名前)さん、いいねありがとうございます!●●(自分の名前)です!
笑顔や雰囲気が素敵だったので、思わずいいねしちゃいました(*^^*)年も近いですし、仲良くしていただけると嬉しいです♪
よろしくお願いします!

こちらは一応20代男性を想定して作成しました。

「!」を使うことで、明るさと元気の良さを演出しています。
特に趣味などの共通点がなくても、うまく相手を褒めてアピールしています。
ポイントは、「かわいい」「美人」など、外見を直接的に褒めていない点です。

「かわいい」などは、確かに言われたら嬉しいのですが、「この人は外見でしか判断しないのかな?」と思われる可能性があります。
「笑顔」「雰囲気」は外見的なことだけでなく、内面からにじみ出るものを含めて褒めている、というプラスのイメージを与えることができます。

ちょっと言い回しを変えるだけで印象が全く違ってくるので、このテクニックはぜひ使ってみて下さい。

まとめ:マッチング後の初回メッセージでは安心感と期待感を演出しよう!

いかがでしたか。

シンプルに言うと、メッセージを受け取る相手の心理や、受け取ったときに感じる印象について、想像力を働かせてしっかりイメージすることが大事です。

マッチングアプリ初心者の方には参考になる点が多かったのではないでしょうか。

すでにマッチングアプリを活用していて、初回メッセージの返信率が低い方は、この記事を読み返して取り入れてみて下さい。

最後にもう一度、ポイントをおさらいしますね。

初回メッセージ 返信率UPのコツ

女性とメッセージをやり取りしていく上での心得

  • マッチングアプリでの女性心理を理解する
  • 初回メッセージでは安心感と期待感の演出が鍵!

初回メッセージで女性に好印象を与えるコツ

  • 明るく!さわやかに!
  • 初回メッセージ前には相手のプロフィールに必ず目を通す!
  • 相手のどこに興味を持ったか具体的に書こう!
  • 返信しやすいメッセージを!
  • 適度に自分のことを書く!
  • 定型文は使わない!
  • 文章は長くしすぎない!
  • 質問責めにしない!
  • 最初は敬語で!
  • 「よろしくお願いします」は入れよう!
  • 文末に気を遣おう!

初回メッセージを送るときに、今回紹介したポイントをしっかり押さえれば返信率は間違いなく上がります!

理解しきれていない点があれば何度も読み返して、ライバルに差をつけてください!

 

【追伸】

ちなみに、実は中級者になると、活用の仕方によっては初回のメッセージはそこまで重要でなくなってきます(笑)

その理由はまた別の機会に解説しますね!

 


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function breadcrumbs() in /home/kawayoshijun/matching-sodan.com/public_html/wp-content/themes/jin-child/footer.php:5 Stack trace: #0 /home/kawayoshijun/matching-sodan.com/public_html/wp-includes/template.php(722): require_once() #1 /home/kawayoshijun/matching-sodan.com/public_html/wp-includes/template.php(671): load_template('/home/kawayoshi...', true) #2 /home/kawayoshijun/matching-sodan.com/public_html/wp-includes/general-template.php(76): locate_template(Array, true) #3 /home/kawayoshijun/matching-sodan.com/public_html/wp-content/themes/jin/single.php(121): get_footer() #4 /home/kawayoshijun/matching-sodan.com/public_html/wp-includes/template-loader.php(98): include('/home/kawayoshi...') #5 /home/kawayoshijun/matching-sodan.com/public_html/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/kawayoshi...') #6 /home/kawayoshijun/matching-sodan.com/public_html/index.php(17): require('/home/kawayoshi...') #7 {main} thrown in /home/kawayoshijun/matching-sodan.com/public_html/wp-content/themes/jin-child/footer.php on line 5